いつも通り鍵を差したのに抜けなくなってしまった。原因としては、「あわない合い鍵を使用していた」
もしくは「引っ掛かりを感じたけど、強引に差し込んだ」などです。
合鍵は機械で鍵をコピーして作成するため、少しずつ微細なずれが発生してしまいますので合鍵を作る際はマスターキー
で作成してください。
スペアキーで合鍵を作ると誤差が大きくなり抜けなくなってしまいます。

引っ掛かりを感じた場合は鍵穴内部の部品が何らかの影響でずれていた可能性が考えられます。
古くなったり、回りにくいと感じた際はすぐに対応してトラブルを回避しましょう。